ブライダルネットは長期婚活に向いている

ブライダルネットは長期婚活に向いている
ブライダルネットは長期婚活に向いている

ブライダルネットは長期婚活に向いている

長いプランほど安いのがブライダルネット

ブライダルネットは長期婚活に向いている

ブライダルネットはまじめな婚活をプロモーションする婚活サービスですが、個人個人の好みに合わせて料金プランを選べるようになっています。

 

すぐに結婚したい人も、じっくり相手を探しながら選びたい人も、自分の好きなプランで契約できます。

 

しかしコスパを重視するとしたら、長期間プランがおすすめです。ブライダルネットでは12か月の最長プランが最もお得になります。

 

ブラウザ版(クレジットカード決済)だと1ヶ月プランが3,980円/月なのに対して、12ヶ月プランは1,950円/月になります。

 

2,030円も差額があるので、じっくり腰を据えて相手を探すのにぴったりです。

 

アプリ版(アプリ内決済)だと少し高くなって2,483円/月になりますが、それでも1,500円ほど安いのでお得です。

 

親にやらされる婚活をかわすのにも使える

長期プランにすると色々なメリットがあります。例えば「親から結婚のプレッシャーを受けたときにかわせるようになる」というメリットがあります。

 

「結婚はまだなの?」「そろそろ適齢期を過ぎちゃうでしょ」といった声を毎日のように聞いているとストレスになってしまいますが、長期プランに加入していると「ちゃんと婚活している」ということをアピールできます。

 

長期プランでプロフィール検索をしたりコミュニティに参加していると、何人も気になる相手や連絡先を交換できる相手が出てくるでしょう。

 

実際に顔合わせできる相手も現れるかもしれません。全国規模で相手探しができるのでチャンスはたくさんあります。

 

したがって「婚活履歴」が作れるようになり、親のプレッシャーをかわせるようになります。

 

婚シェルがいるからペアーズやOmiaiとは格が違う

ブライダルネットをコスパの良い婚活サービスにしている大きなポイントの一つが婚シェルの存在です。

 

仲人的なサービスをしてくれて、マッチングしそうな相手の紹介や、ほかの会員に効率的にアピールするためのサポートを手がけてくれます。

 

にも関わらず無料で利用することができます。ペアーズやOmiaiなどのマッチングサービスは人気があり有名ですが、このようなきめ細やかなサポートをしてくれるコンシェルジュがいるのはブライダルネットの方です。

 

もしかしたらいい出会いもあるかも

ブライダルネットに、とにかく長く会員として留まっていれば相手が見つかるというわけではありませんが、当然ながら長くいればいるほど出会いの機会は増えるでしょう。

 

ブライダルネットのデータによると、相手を見つけたユーザーのうち、79.6%が5か月以内に交際まで進んでいます。

 

さらに男女とも半年以内に相手を見つけたいと願っているユーザーが8割以上もいます。

 

そのためブライダルネットに加入していると、それだけ結婚に真剣な相手が見つけられるようになるのです。

 

6か月プランないしは12か月プランに加入していれば、出会いの機会はおのずと増えるはずです。

 

LGBTでも婚活できる?

ブライダルネットは長期婚活に向いている

最近世界中でLGBTという性的少数者への注目が集まっています。

 

「TOKYO RAINBOW PARADE」によると、LGBTは、「Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとった単語」です。

 

日本には人口の7.6%のLGBTが存在するようです。ただ現在日本ではLGBTの合法的な結婚は認められていないので、一般的な意味での婚活はできません。

 

ブライダルネットのシステムでは、基本的に男女どちらかの会員のプロフィールしか見られないようになっています。

 

例えば男性として登録した場合は女性会員、女性として登録した場合は男性会員のプロフィールだけです。

 

お試し検索では同性のプロフィールもぼかし付きで見れるものの、すべてのPRは見られないようになっています。そのため検索は、異性のプロフィールに限って行います。

 

男女とも有料でいろんな個性に合わせられている

ブライダルネットでは男女とも有料プランに入ることが鉄則です。そうすることで男女ともに結婚に真剣な会員だけが集うように工夫されています。

 

とはいえ集まっている会員の中には、「とにかくお金を払ったんだからガツガツいかないと」と焦って適当に活動しているユーザーばかりがいるわけではありません。

 

ちゃんと個性を出しつつ相手探しをしているユーザーが多く集まっています。実際、コミュニティ機能によって共通の価値観や趣味を持った相手を見つけられるようになっています。

 

婚シェルがいるので相手探しを助けてくれるかも

先述の通り、ブライダルネットには婚シェルというサポートサービスがあります。婚シェルは会員の悩みに気さくに、かつ丁寧に対応します。

 

会員それぞれの希望を聞きつつ、可能な範囲でのサポートを行うようになっています。

 

LGBTの人専門の婚活サイトがある

性的な嗜好や性的自意識は非常にデリケートなテーマです。

 

「自分がLGBTである」という意識を持っている方は年々増加しているように見受けられますが、最近はLGBT専用の相談サービスがあります。

 

今後LGBTへの世間一般の認識が少しずつ変わってきて、そのような専門サービスが増加する可能性は高いでしょう。

ブライダルネットは長期婚活に向いている