初めての婚活にチャレンジするならブライダルネット

初めての婚活にチャレンジするときはブライダルネット
初めての婚活にチャレンジするときはブライダルネット

初めての婚活にチャレンジするときはブライダルネット

婚シェルの支援があるのがブライダルネット

初めての婚活にチャレンジするときはブライダルネット

楽天オーネットは人気のある結婚相談所です。結婚相談所といっても、ネットでのやり取りが十分にできる環境があり、若い方には非常に使いやすい特徴がるでしょう。ブライダルネットも人気のある婚活サービスです。

 

会員数は楽天オーネットよりも7倍以上もいて、基本的にはネット完結型のサービスです。

 

これら2つのどちらを選ぼうか迷っている方も少なくないでしょう。選ぶ要素の一つはカウンセラーの存在です。婚活サービスを使っている方の中には、「どう気になる相手にアクションを起こしたらよいのか分からない」という方がいらっしゃると思います。

 

そういう時に頼りになるのが婚活カウンセラーです。楽天オーネットにもブライダルネットにもカウンセラーはいますが、オススメはブライダルネットの「婚シェル」というカウンセラーです。

 

Omiaiやペアーズは全部自分でやる必要あり

ブライダルネットと楽天オーネットのカウンセラーについて説明する前に、他の人気マッチングサイトであるOmiaiやPairsについて触れておきたいと思います。これらのサービスでは会員数が何百万人もいるようです(累計会員数)。

 

しかし基本的に全部自分でやり取りしなければいけません。特にカウンセラーによる婚活サポートがあるわけではなく、相手へのアプローチは自分の実力しだいです。

 

自身がある方やコミュニケーションが高い方、ネット操作に慣れている方などはさほど苦にならないかもしれません。

 

しかしそうではない場合は緊張してアクションを起こしづらいものがあるでしょう。そのため、自信がない場合はカウンセリングが受けられるサービスの方が良いです。

 

楽天オーネットはガツガツしすぎて流されるかも

楽天オーネットはこの点、アドバイザーによる様々なサポートを受けるられるようになっています。例えば各会員に合った相手を紹介してくれたり、データマッチングや写真検索などから自分が選んだ相手とお見合いをする時に役立ってくれます。

 

婚活計画表やチェックリストの作成、ファッションやヘアメイクなどのサポート、プロフィール作成や申込、デートなどにおけるサポートを手がけます。

 

ただ無料診断などに行ったときに、「アドバイザーに強引な感じで契約させられた」というコメントもあります。クーリングオフが有効ですが、意志があまり強くない方や流されやすい方の場合は注意が必要です。

 

自分を理解しながら婚活するならブライダルネット

ブライダルネットの婚シェルサービスでは、プロフィール作りやメッセージのやり取りのアドバイス、プロポーズのサポートなど一貫した手助けをしてくれます。婚シェルサービスを使うかどうかは自分次第です。

 

無料で利用できるものですが、会員によっては設定しないという選択肢も可能です。契約をするために婚シェルと話さなければいけないわけでもないため、自分で計画を決めて婚活を進めることも可能なのです。

 

必要な時に婚シェルを利用して相談するというスタイルももちろんOKです。

 

婚活で成功するには成長が必要

初めての婚活にチャレンジするときはブライダルネット

婚活でカウンセラーを使うにしても使わないにしても、最も大切なのは自身の成長です。

 

カウンセラーは具体的なサポートをしてくれるのですが、結婚を代わりに決定するわけではありません。

 

そこで自力での成功率を高めるために、以下に意識すべきポイントをあげてみたいと思います。

 

婚活する人が成長しないと結婚できない

「とりあえず声がかかるのを待つ」というスタイルではあまり良い結果は期待できません。自分で積極的に情報を収集して、相手に声をかける勇気を持つことが大事です。

 

また魅力的な趣味を持ったり、サービスの傾向を把握したりなど、勤勉さや進取の気性も求められます

 

それをどうにかするために、新しいことを始めると良いでしょう。

 

忙しい場合はいきなり大きな動きをすることはできないのでしょうが、日記機能があるときそれを使うなど、手間がかからない事は積極的に試していきましょう。

 

行動力やコミュ力を高められるように

普段から行動力やコミュニケーション能力を高めることも大事です。そういった特質はネット婚活の場でも反映されるものだからです。

 

会社で意見を言う機会があるときに積極的に発言したり、異なる年齢や立場の相手に話しかけたりしましょう。そうやってリアルな世界での特質を磨くことで、他の会員へのアプローチもスムーズになるでしょう。

 

婚シェルの支援が学びになるはず

自分でできることを漸進的に行いつつ、適度に婚シェルの力を借りると良いです。自分なりの婚活をして、うまく行かなかったら婚シェルに改善策を相談します。

 

「メッセージが続かなかったのは何故だと思いますか?」「どんなタイミングで連絡先を聞くべきだったか?」など、第三者の意見を聞くことで見えてくるものもあるでしょう。

初めての婚活にチャレンジするときはブライダルネット